今年こそもっと世界とつながりたいクリエイターさん応援プロジェクト始めました

自分の選んだ道をあきらめない♡今確認したい3つのこと

自分の選んだ道をあきらめない♡今確認したい3つのこと

「会社員じゃなくて、フリーで働く。」
「好き・得意なことを仕事にする。」
「日本から出て、海外に行く。」

…と決めて動き出したはいいものの、金銭的に苦しくなったり、将来のことが不安になったり。


自分の道を進んでいくとき、真っ暗で何も見えなくなることってあると思います。

めちゃくちゃダークなときって、どんなことを言われても疑ってしまったり、否定的になったりする。


「だけど、でも、やっぱり、自分には無理……」


あきらめそうになっている今、何をしたらいいのか。

一瞬でどうにかなる魔法はないかもしれないけれど、今からどうにかする材料はそろっている!


大切なことは、現状を見直す+改善すること。

量や気持ちだけで乗り越えようとするより、目の前のことと向き合うことが大事。

  • 今やっていることの質
  • 自分の姿勢・どこを見ているか

問題ばかりに見えるかもしれないけれど、実は「可能性」がいっぱいある!!

ここでは、選んだ道をあきらめそうなときに確認したい3つのことをご紹介します。

あきらめそうになったとき、確認したい3つのこと。

  • 1.持っているものを出し切ったか。
  • 2.つながるだけじゃなくて、伝えたか。
  • 3.絶対にあきらめたくないことは?

1.持っているものを出し切ったか。

歯を食いしばって、このまま頑張らなくてもいいんです。

無理にポジティブ思考にならなくてもいい。


我慢したり、本当にやりたいことを後回しにしたりしていると、どんどん苦しく・つまらなくなってしまうから。

自分のなかに、いろんなものを閉じこめなくていい。

  • 弱音を吐いていい。
  • つらいこと、嫌なこと、怒り、不安、心配なことも全部吐き出していい。

友だちが悩んでいたら、「大丈夫だよ!前を向こう!」って言う…?

たぶん、その前に話を聞いてあげるはず。


自分自身の話も聞いてあげよう。

自分のなかにあるものを吐き出すと、もっとすっきり、はっきりする。

口から出したとき、夢は動き出す。

こんな生活がしたい、何歳でこうなっていたい。


どこでどんな仕事をしたい、誰と仕事をしたい、毎月いくら収入がほしい。

こんなこともあんなことも、これもあれもやりたい…!


「1年後こうなっている」「何歳までにこれをやる」って決めたとき、夢はもっと現実的になってきます。

今やることも必要なものも明確になる。

口から出したとき夢は動き出す

もうどうしたらいいのかわからない状態でも、焦らなくて大丈夫。

嫌なこと、もうやめたいこと、こうだったらいいのにと思うこと…自分の考えを外に出していくと、ごちゃごちゃがシンプルになってくる。


不安や悩み、心配ごとと向き合えば、今決めたり、片づけたりできることもあります。

荷物が軽くなると、もっと楽に進めるし、目指すものがはっきりすれば、まわりの声に惑わされることも減る。

夢や目標に向かって、できることは全部やる。

「何歳でこれを実現する」「こうなる」って決めたら、そのための行動に集中する。


行動が中途半端だと、結果も中途半端になってしまうから。

自分の夢や目標を実現するために、出し切る・やり切ることが大事。

夢や目標に向かって、出し切る・やり切る。


時間をかけなきゃいけないってことではありません。

今できることから始めて、できることは全部やる。


「できる」と信じるのも、今できることの1つ。

やってみると、思っているよりもはやく結果が返ってくるし、チャンスもたくさん舞いこんできます。

2.つながるだけじゃなくて、伝えたか。

今の時代、つながる方法はたくさんあります。


英語を学びたいとき、英語ができる人と友だちになったり、英語学習のコミュニティに入ったりできる。

オンラインでもいろんな出会いがある。


「好きなことを仕事にしたい」って思ったとき、同じような仲間と知り合ったり、SNSのアカウントをつくって世界中の人とつながることもできる。


しかし、つながっているだけでは、英語が上達しなかったり、夢は遠いままだったり。

フォロワー数が増えても、何も売れなかったり、やりたい仕事が来なかったり。


そんなとき、「自分には才能がないのかも」「運もないし」「やっぱり難しいよね」って思うかもしれません。

コツコツ頑張っても状況が変わらないと、自信も希望も持てなくなってくる。


だけど、あきらめる前に確認したいのは、「伝えたか」ということ。


何のために英語を勉強しているのか、英語を身につけて何をしたいのか。

好きなことを仕事にしたいなら、今どんなことをしていて、何ができるのか。

伝えると、状況が変わる!

「え、でも、伝えるだけで…?」って思うかもしれないけれど、伝えるためには自分自身がわかっている必要があります。

何となく英語を勉強するのと、明確な目的や目標を持っているのとでは、勉強にとり組む姿勢が大きく変わる。


誰かに伝えると、「こういうのもあるよ」「こんなことがあってね」って教えてもらえたり、新たな目標ができたりする。

箱の外が見えてくる。


だから、「伝えるだけ」でも、状況や自分の姿勢は変わっていく。

  • 今やっていることは何か。
  • どんなことができるか。
  • 何をしたいのか。

好きなことを仕事にしたいときも、とりあえずSNSに投稿し続けるのと、「誰に向けて」「何のために」なのか決めて投稿するのとでは、反応や結果が大きく変わってきます。


「伝えているつもり」で終わらせず、伝えたい相手に伝わるように伝える。

そうるすと、集まってくる人や問い合わせの内容も変わってくる。


もちろん行動するのは自分だけど、まわりの知識や力も借りていい。

自分はどうしたいか、どんなことで困っているか、誰かに話してみる。

3.絶対にあきらめたくないことは?

最後に確認しておきたいのは、「あきらめたくないこと」は何なのか。

今やっていること、自分の夢や目標で、絶対にやめたくないことやあきらめたくないことは何だろう…?

  • こういう生活・働き方
  • この夢・この仕事をすること
  • 何歳までに◯◯すること!!

今は、いろんなことが不可能に思えるかもしれないけれど、不可能じゃない。

夢や目標・今やることを整理して、自分の目指すほうに全力で進んでいけば、道は拓けてくる。

光が見えてくる。

一歩一歩自分の道を進むと、道が拓けて光が見えてくる!


「自分の選んだ道をあきらめない~」というタイトルでこの記事を書いてきたけれど、道は変えてもいいんです。

最初に選んだ道にこだわらなくていい。


だって、歩いているうちにいろんな学びや出会いがあるし、状況も変わってくる。

どうなりたいか、どっちに進みたいか、自分の考えや大切なものも変わってくるかもしれない。


だから、途中で方向転換してもいいし、新しい道を選んでもいい。

大切なことは、自分は今どうしたいか。


自分が歩いているかぎり、それは自分の道。

何もない場所でも、自分で道をつくっていい。


まだ不安でいっぱい、つながるもの伝えるのも苦手…という方は、サポートページも見てね。

自分の道をつくる、次のステップを整理するお手伝いをします。

今回のまとめ

  • 何をあきらめたくないのか確認する。
  • つながるだけじゃなくて、伝える。
  • 出し切る・やり切る。挑戦を楽しむ。
自分の選んだ道をあきらめないために今確認したい3つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA