今年こそもっと世界とつながりたいクリエイターさん応援プロジェクト始めました

ピンチは、「持っているものを出す」チャンス。

ピンチは、「持っているものを出す」チャンス。

時間がない、お金がない、このままじゃやばい。

ピンチなときって、焦ったり、「もう無理だ」って弱気になったり、すべてを投げ出したくなることもある。


そんなとき、「ピンチはチャンス」「頑張れ!」と言われても、なかなか素直に受けとれない。

「なんだよー」「もう頑張ってるのに」「なんで自分の人生はこうなんだ…」って、殻にこもりそうになる。


でも、ピンチはチャンス。

自分の人生を大きく変えるチャンス。

今までのパターンを変えて、やりたかったことをやるチャンス。


まず、弱音を吐いていい。

自分のなかに溜めていたものを出していい。

*場所や相手は選ぼう。


吐き出すことで、すっきりしたり、気持ちを整理できたり。

誰かに相談することで、解決策が見つかることもある。

それ、今やろう。

  • ずっと気になっていたこと。
  • いつかのためにとっておいたアイデア。
  • もっとできるようになってから…と思っていたこと。

描きたかったものを描いていいし、つくりたかったものをつくっていい。

自分の表現、ユーモア、どう思われるか気にして隠していたこと。

もっと自分を出していい。


できればピンチは味わいたくないけれど、ピンチにならないと思い切った行動ってなかなかできない。

今こそ、持っているものを出すチャンス。


勇気や底力やアイデアを出して、やりたいことをやるチャンス。

勇気や底力やアイデアを出す


そのうち、「あのとき動いて良かった!」ってときが来る。

ピンチの考え方や対処法を変えると、人生はどんどん変わっていく。

自分のなかで完結しないで、出す・伝える。

自分はこうだから、無理、できない、こうするしかない…?

ピンチで余裕がないときって、いつもよりさらに暗いほうに考えてしまったり、これをどうにかしないと終わりだ…みたいに考えたりしがち。


だけど、まだ見えていないものはたくさんある。

自分のなかで「どうせ無理」「こうするしかない」って決めつけないで、持っているものを出そう・伝えよう。


実は、方法も可能性もいっぱいある。

持っているものを出す・伝える


自分の考え、悩み、今あるもの、夢。

たとえば、「実はこうしたい」「こういうことで困っている」って誰かに話したら、自分の知らない打開策が見つかるかもしれない。


ほかにも、商品が全然売れなかったり、思うような仕事が来なかったりして、金銭的にピンチなとき。

なぜ売れないのか、仕事が来ないのか…自分が思っている理由と違うことはよくあります。


自分では、「値段が高いのかな」「自分は求められてないのかも」と考えていても、実際は、その商品があることすら気づかれていなかったり、オーダーの仕方が伝わっていなかったり。

今まで、伝え方や内容を工夫したら、最短で半日以内に新しい仕事の依頼が来ました^^


「でも、どうすればいいの?」って迷うかもしれないけれど、ピンチなときこそ、一旦落ちつこう。

自分の気持ちと違う選択をしたり、お金のためにやりたくない仕事を受けたりすると、またすぐピンチになってしまうから。


「なんのため?」をもう一度確認する。

ピンチを抜け出して、どうなりたかったんだっけ?


こうなりたい、こんな仕事をしたい、こういう人に届けたい。

目指しているものを確認して、やること・やらないことを整理する。

そうすると、限られた時間や力を自分にとって大切なことに注げる。

大切なことを整理する


見通しを立てることで、今後のピンチを防ぐ対策もできます。


今は不可能に見えることも、どうにかできるから、大丈夫!

今あるもの、持っているものを活かせるし、思っているよりはやく状況を改善できる。


ブログの内容をまとめたノートやワークシートなどはPinterestに投稿しているので、そちらもどうぞ。

ごちゃごちゃを一緒に整理したい方、ピンチから抜け出す筋道を立てたい方は、個別相談などのサポートもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA