今年こそもっと世界とつながりたいクリエイターさん応援プロジェクト始めました

目標を立てるだけでは行動できない・続かない理由+対処法

目標を立てるだけでは行動できない理由

具体的な目標を考えたのに、期限も決めたのに、なかなか行動できない。

最初はわくわくするけど、やる気が続かない…。


そんなとき、重要なのは「やる気を出すこと」ではありません^^

この記事では、行動・継続できない理由と対処法についてご紹介します。

目標を立てるだけでは行動できない・続かない理由

まず、大前提として、目標を明確にすることは重要です。

自分は何を達成するのか、いつどうなるのか。

目標を明確にする

本当にほしいもの、実現したいことを明確にして、目標を達成した自分を詳細にイメージすることは大事です。


しかし、わくわくするような目標を立てても、そのときはやる気に満ちていても、だんだん冷めてくることってありますよね。

現実に引き戻されるというか…。

行動・継続できない理由は、目標が遠すぎるから。

今の自分とかけ離れていたり、目標までの道が見えなかったりすると、「無理そう」「難しそう」と感じてしまいます。

目標が遠すぎる
  • 今の自分にできると思えず、行動を起こせない。
  • 一歩踏み出しても、途中で迷う・不安になる→続かない…。

では、どうすればいいかというと、目標達成までの見通しを立てることが大切です。

大きな夢や目標をあきらめる必要はありません♪


自分の夢や目標に向かって、いつ何をするのか、今日は何をするのか。

計画を立てて、決めたことを1つずつ実行していくことが目標達成の最大のコツです。

【対処法】どうしたら目標を達成できる?

見通しを立てる
  • 1.計画を立てる。
  • 2.今日の目標を決める。
  • 3.決めたことをやる。

1.計画を立てる。

まずは、やることを整理します。

夢や目標を実現するために、自分に必要なことは何か、何から始めるか、どんな順番でとりくむか。


最初に明確にするのは、大きな目標&期限です。

いつ、その目標を実現するのか。


そして、その期限から逆算して、いつまでに何をするのか計画を立てます。

今月の目標や今週の目標、毎日つかう時間、とり入れる習慣など、目の前のことまで決めてみてください。

2.今日の目標を決める。

目標達成までの計画を立てたら、今日の目標を決めます。

今日やることは何か、何を終わらせるか。


やりたいことがたくさんある場合は、優先順位や時間を決めておくことが、実際に行動を起こす役に立ちます。

さらに、1日の終わりに「今日やったこと・できたこと」を確認する“ふり返り”をおこなうと、改善点などに気づいて次に活かすことができます。

3.決めたことをやる。

計画を立てて、今日やることを決めたら、実行する!

やる気があるとかないとかに関わらず、やると決めたことをやる。

実行する習慣をつける。

目標ややることが明確なのになかなか行動できない、続かない…という場合は、やる気を出そうと頑張るより、内容や量、とりくみ方を工夫することをおすすめします。


たとえば、最初の一歩を小さくしたり、すこし頑張ればできる量に減らしたり、誰かと一緒にとりくんだり。

どんな小さなことでも、自分で決めて実行することができると、それが自信や実力になってどんどん前に進んでいけます。


まずは自分の目標や計画をはっきりさせて、今日の目標を決めて、動き出してみてください♪

今回のまとめ

  • 目標を立てるだけでは行動・継続できないのは、目標が遠すぎるから。
  • 現実とかけ離れていたり、道がわからなかったりすると、動けない・続かない。
  • 夢や目標を実現するには①計画を立てる②今日の目標を決める③決めたことをやる!
目標を立てるだけでは行動できない理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA