今年こそもっと世界とつながりたいクリエイターさん応援プロジェクト始めました

日常生活を送りながら、理想の人生をつくっていく方法

理想の人生をつくる方法

転職するとか、留学するとか、環境や行動を大きく変えなくても大丈夫。

普段の生活をしながら、理想の人生をつくっていくことは可能です。

まず、重要なことは「気づく」こと。

自分はどんなことを考えているのか、どんな理想を持っているのか。


他人のことや世界のこと、自分で変えられないことはたくさんある。

だけど、自分のことなら、変えられることはある!


自分の目指すほうへ考え方や行動を変えていくと、人生はどんどん変わっていきます。

日常生活を送りながら、理想の人生をつくっていく方法

  • 1.「どうせ」に気づく。
  • 2.欲求や願望に気づく。
  • 3.進みたいほうに進む。

1.「どうせ」に気づく。

まずは、頭のなかのひとり言に気づくこと。

あきらめや偏った見方に気づくこと。


無意識かもしれないけれど、私たちは日々、さまざまな人やモノを見て・出来事に接して、いろんなことを考えています。

  • あの人は頭がいいから、自分とは違うから。
  • 自分には無理だから、◯◯がないとできないから。
  • お金がないから、才能がないから、今はできないから…。

気づくだけでOK!

「気づく」ことが大切なので、自分や他人を責めたり、ネガティブな考えを否定したりする必要はありません。

「ああ、こんなこと考えてたんだな」「親や先生に言われた言葉だな」って気づければ、OKです^^


気づくことで、恥ずかしくなったり、焦ったり、いろいろな感情が出てくるかもしれませんが、深呼吸して一度落ちつきましょう。

「もっとはやく気づきたかった」と思っても、今がベストなタイミングだと信じることが大事です♪

2.欲求や願望に気づく。

海外に住んでいる人の話を聞いて、「お金があっていいね」「自由でいいね」と感じることがあるかもしれません。

でも、だからといって、自分自身も海外移住したいかというと、そうでもない場合もあると思います。


自分が持っていないものを持っている人を見て「いいな」と感じたり、自分と似ている人(同年代や同じ立場など)と自分を比べてしまったりするのは、自然なことです。

自分はどうしたいか、どうなりたいか。

大切なことは、自分にないものを得ようと頑張るんじゃなくて、他人を基準にするんじゃなくて、自分が求めているものに気づくこと。


もし、「今の生活が嫌、変えたい」と思っているとしたら、どんな生活が理想なのか。

3ヶ月後、半年後、1年後…自分はどうなっていたいのか、何歳でどうなるのか、どこで何をしているのか。


理想の1日を書いたり、夢・目標リストをつくったりしてみるのもおすすめです。

自分自身と向き合って、「でも、まだ無理…自分には…」としまいこんでいる夢や野望を引っぱり出してください♪

3.進みたいほうに進む。

つまり、素直になるということです。

「こうなりたい」「これを実現したい」と思うほうへ、自分の夢や目標に向かって進むこと。


「でも、だけど、どうせ…」と思ったとしても、一歩ずつ前に進んでいくこと。

普段の生活のなかで、考え方や習慣、今できることから変えていくと、1ヶ月後、3ヶ月後、理想の人生はどんどん実現していきます。


まだわからないことがあっても、今動き出すことが大事。

途中で「これ自分の夢じゃないな」って気づいたら、新しい夢のほうへ向きを調整すれば大丈夫です。


過去の価値観にとらわれず、成長した今の自分の「こうしたい」「こうなりたい」を大切にしてあげてください♡

ねこさん
ねこさん

好きなこと、今やりたいことを後回しにしないってことだね!
ミーもさっそく、髪型を変えてこよう♪

かるちゃん
かるちゃん

そうだね。
行動を起こすと、新しい発見や出会いも増えるよね♡

さっそく動き出したい人、今日から人生を変えたい人は、サポートページへどうぞ。

ワークシートやブログ、個別相談などのオプションがあります。

今回のまとめ

  • 日常生活を送りながら理想の人生をつくっていくには、まず「気づく」ことが大事。
  • 頭のなかのひとり言に気づくこと、自分が本当にほしいものに気づくこと。
  • 自分の目指すほうへ一歩ずつ進んでいくことで理想の人生をつくっていける。
理想の人生をデザインする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA