今年こそもっと世界とつながりたいクリエイターさん応援プロジェクト始めました

できる自分になる♡行動力・継続力を育てる3つの習慣

できる自分になる

できる、大丈夫って感じられると、

  • 新しいことに挑戦したくなる
  • 成長が加速する、物事が前向きに進む

いろんなことが「できる」「うまくいく」ようになって、思いがけないチャンスまでやってきます。

一方で、「自分には才能がない」「何をやってもダメ」と(無意識でも)思っていると、いろんなことがうまくいかなくて、自信も希望も失ってしまう…!

できる自分になるには、まず、自分を大切にする。

どんなときも自分の味方で、自分を応援することが『できる自分』になる秘訣。


「こうしたい」「こうなりたい」という自分の気持ちを大切にして、自分の可能性を信じることで『できる自分』を育てていけます♡

大前提は「自分を大切にする」こと。

まわりの人からの一言が、グサッとくることってありますよね。

子どものころから積もってきたことだったり、ある出来事がきっかけだったり、「自分はこうだから」と半ばあきらめてしまっていることもあるかもしれないです。


でも、人それぞれ考え方や「できる」基準が違うから、すべての人に認められるのは無理、過去の出来事を変えるのも無理。

自分にできることは、考え方や受けとめ方を変えること、これからの行動を変えることです。

自分の気持ちを優先して、やりたいことをやる。

  • 自分が「やってみたい」と思うことをやる。
  • 他人の基準ではなく、自分の基準を大切にする。

他人から見た「すごい人」を目指すのではなく、自分がやりたいこと、こうなりたいと思う気持ちを大切にする。

「やりたい」と思っていたこと、自分で「やる」と決めたことを行動に移せると自信につながるし、小さな決断を重ねていけば大きな変化につながります。

行動力・継続力を育てる3つの習慣

できる大丈夫

まだ自信がなくても、やりたいことが見つからなくても大丈夫。

自分と向き合いながら、この3つの習慣を心がけることで、夢や目標に向かって挑戦できる自分に成長していけます。

  • 1.なったつもりで行動する。
  • 2.日々、環境を整える。
  • 3.記録をつける。

1.なったつもりで行動する。

まず1つ目の習慣は、「なりたい自分」「できる自分」になったつもりで行動すること。

これはめちゃくちゃパワフルです。


1回で根本から変われるわけではありませんが、

「私はこういうタイプだから」
「まだ◯◯が足りないから」

…という古い思考を捨てて、理想の自分になったつもりで行動すると、「なりたい自分」「できる自分」に近づいていけます^^


この習慣を実行するとき、重要なことがあります。

それは、「自分はどうありたいか」理想の考え方や行動を明確にしておくこと。

  • できる自分って、どんな自分?
  • どんな考え方や行動をしたい?

「ちゃんとしたい」「しっかりしたい」のように、何となくのイメージを持っているだけだと行動に移すのが難しいので、具体的な言葉にすることが大事です。

身につけたい考え方や行動を明確にして、なりたい自分を意識して毎日を過ごすことができれば、日々すこしずつ変わっていけます♪

ねこさん
ねこさん

でもさ、やっぱり最初の一歩って勇気いるよね。
ミーはこう見えて慎重派だし、飽きっぽいしさ・・・

かるちゃん
かるちゃん

そんなときは、ロールモデル(お手本)を見つけるのもおすすめだよ。
あこがれの人・こうなりたいと思う人になったつもりで動いてみて♡

2.日々、環境を整える。

2つ目の習慣は、環境を整えること。

もちろん、引っ越すとか、転職するとか、一撃で環境を大きく変えるのもいいのですが、結局「できる自分」「なりたい自分」になれるかは自分しだい…!


住む場所が変われば、付き合う人が変われば…と考えるより、日常生活で変えられることは変えていくことが本当に変わるコツ。

集中できるように机の上を片づけておいたり、見えるところに目標を貼っておいたり、今できることからで大丈夫です^^

毎日、どんな情報に触れるか。

思っている以上に、目や耳に入る情報、何気なく見ているもの、触れているものの影響は大きいので、普段から気をつけることが大切。

ついつい手を伸ばしたくなるもの、気分が下がるものや疲れるもの、嫌な自分になりそうになるものなどがあれば、気づいたときに減らしてみてください。

ねこさん
ねこさん

うんうん。
やっぱり、「自分が好き、自分の人生が好き」って思えるような環境をつくるのは大事だよね♪

かるちゃん
かるちゃん

知らないうちに影響を受けていることって、たくさんあるもんね。
そこで、次の「3.記録をつける」が役に立つよ♡

3.記録をつける。

3つ目の習慣は、記録をつける(書く)こと。

1日の目標」「やること」「できたこと」「思ったこと」「改善点」などを記録すると、いろんなことが見えてきます。

  • 目指しているものが明確になる。
  • 何ができたか、次やることは何か確認できる。
  • うまくいかないときの考え方や行動のパターンに気づくことができる。

書くことは適切な行動や継続をサポートしてくれるので、頭で考えるだけではなく、言葉にすることをおすすめします。

最初は書くことに抵抗があっても、毎日続けていると言葉がスラスラ出てくるようになり、頭や心がすっきりして、書くことが楽しくなります^^

「できる自分」になるために、今日から変わるコツ。

「できる自分」になるために、今日から変わるコツは「こわい」「面倒」と感じることをやってみることです。

迷っていること、苦手意識のあることに挑戦して壁を壊せると、「できる」「大丈夫」って気持ちが生まれて、どんどん変わっていけます。


自分の気持ちを大切にして、自分を信じて、「やってみたいけど、先延ばしにしていたこと」「まだできないと思っていたこと」をやってみてください♡

今回のまとめ

  • できる自分になるためには、まず自分を大切にする。
  • 自分の気持ちを大切にして、やりたいことをやってみる。
  • 自分の可能性を信じることが、「できる自分」を育てるカギ。

行動力・継続力を育てる3つの習慣

  1. なったつもりで行動する。
  2. 日々、環境を整える。
  3. 記録をつける。
できる自分になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA